妊活サプリのススメ

葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそうではないのです。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを下げてくれるという意味では、妊娠前から妊娠3ヶ月までの間が大切な期間という訳です。なのでこの時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を出来るだけ、普段の食生活で補おうと、葉酸をふんだんに含んでいる貝類やホウレンソウ、またはレバーを食べるようになったという妊婦さんも多いと思います。ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。そのため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。葉酸については、多くの方がご存知のように、妊婦にとって重要な働きをする栄養素なのですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、お腹の中の赤ちゃんに、どのような影響があらわれるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。そのため、葉酸の摂取が不十分ですと、胎児の細胞分裂に影響が出るために、先天的な障害を発症しやすくなると知られています。こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、摂取をお勧めします。葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、血液を作る作用があります。それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすい状態を作り出すことが期待できます。

ピニトール配合妊活サプリ

また、葉酸で血液が増えれば新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモンバランスが良くなり、不妊状態を打破するために大いに役立つのです。冷え性は不妊を招くと言われています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、栄養素が体のすみずみに至らなくなり、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下して妊娠しづらくなるのです。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血流のわだかまりを解消し、自律神経に働きかけ、ストレスを和らげる効果もあります。ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。妊娠前や妊娠初期の妊婦さんの体に積極的な葉酸の摂取が求められています。赤ちゃんが健やかに育つように、サプリメント等で葉酸を摂取し、葉酸不足に陥らないようにしてください。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと一日当たり0.4mgと発表されています。野菜だけで補おうとすると大変だと思います。サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。そのため、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。